さいたま塗装本舗ブログ

外壁塗装にある付帯部はどこのこと?塗り忘れにご注意!

2022.3.31

「外壁塗装や屋根塗装ならわかるけれど付帯部ってどこのこと?」

とご質問をいただくことがあります。

 

付帯部は外壁や屋根以外のところ、と言ってしまうとかなり範囲が広くてどこが含まれているのかわからないですよね。

 

付帯部という響きからあまりメインな印象を感じにくいかもしれませんが、付帯部の塗装も建物を維持していくためにとても大切です。

 

今回は付帯部に含まれる場所や塗り忘れしないための対策についてお伝えしていきます!

 

【付帯部に含まれる場所】

付帯部の塗装の画像

 

まずは、付帯部に含まれる場所です。

見積もりに付帯部とだけ書かれていてもどこを塗装するのか分かりません。

 

本来なら付帯部も細かく塗装する場所が書かれていることが重要。

もし、付帯部としか見積もりに書かれていない場合は要注意です!

 

見積もりについてはこちらの「外壁塗装の料金について」をご覧ください。

 

付帯部に含まれるところはたくさんあり、以下のところが付帯部に含まれます。

 

【付帯部に含まれるところ】

・雨戸、戸袋

・シャッター

・水切り

・幕板

・破風板

・軒天井

・雨樋

・庇

・笠木、手すり

・換気フード

・玄関ドア(木製ドアなど)

・窓枠(造作木枠など)

・配管

・フェンス、門塀、門扉

など

 

上記にある場所だけでもかなりありますよね。

付帯部は建物によってあるものとないものがありますので、工事をする際は自分でも付帯部となるところをチェックしておくことが大切です。

 

【なぜ付帯部の塗装が必要?】

付帯部のケレンの画像

 

「付帯部も塗装が必要なの?」

「外壁と屋根だけ塗装をしておけばいいんじゃないの?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、結論から申し上げますと、かならず付帯部も塗装をした方がいいです。

それでは、なぜ付帯部も塗装が必要なのかを以下にお伝えしていきます!

 

【保護されず劣化が進んでしまう】

雨樋も破風板も軒天井もシャッターも手すりも、年数が経つにつれて劣化していきます。

 

古くなった状態をそのままにしておけば、いずれ朽ちてしまったり、腐食してしまったり、損傷してしまったりといろいろ不都合なことが起きます。

 

これは外壁や屋根に限ったことではなく、付帯部も同じなため定期的に塗装をして保護することが大切です。

 

もし、被害が広がると塗装だけでは対応できず交換しなければいけなくなる可能性もあります。

 

工事規模が大きくなるほどコストもかかってしまいますから、メンテナンスコストを上げないためにもメンテナンスのタイミングを見逃さないことが大切です。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

【古いところが悪目立ちして見栄えを落とす】

付帯部を塗装しないと色褪せているところが残るため、そこが悪目立ちしてしまいます。

 

外壁や屋根がきれいでも部分的に古いところが見えるとあまりきれいになったとは感じにくいですよね。

美観性を向上させるには建物全体を塗装することが大切です。

 

【塗り残しがないように注意しておきたいポイント】

チェックのイメージ画像

 

塗り残しがあると劣化が進み、見栄えを落としてしまう原因になります。

塗装工事で起きやすい塗り残しを防ぐために、これからお伝えするポイントを押さえておきましょう!

 

【見積もり内容をよく確認すること】

塗装する場所は見積もりに書かれています。

曖昧な内容の見積もりだとどこを塗装するのか分かりませんから、できるだけ細かく内訳が書かれていることが望ましいです。

 

見積もりに必要な内訳は「塗装する場所」「塗料やメーカーの種類」「塗装面積」「単価や合計金額」などです。

 

塗装する場所は建物によって違いますので、自分でも付帯部になるところが見積もりに入っているかチェックしておきましょう。

 

【業者から説明をもらうこと】

見積もりを確認するだけでなく、業者から細かく説明をもらっておくことも大切です。

見積もりは工事内容をチェックすることができますが、実際に工事の細かな対応までは分かりません。

 

作業報告があるのか、生活上で不便なことがあるのか、エアコンや給湯器は使えるのか、なども工事前に聞いておくことが大切です。

 

工事の質問についてはこちらの「外壁塗装でよくあるご質問」もご参考にしてください。

 

【塗装工事完了後は一緒に仕上がりの点検を!】

工事が完了しましたら業者と一緒に仕上がりを点検しましょう。

そのまま引き渡しになってしまうとどんな仕上がりになっているか分かりませんし、塗り残しがあっても気がつくことができません。

 

塗装完了後の最終点検は仕上がりをチェックする最後の機会です。

工事後は足場が外されてしまいますから、このタイミングを逃さないようにしましょう。

 

屋根など高いところの仕上がりは足場に登るのは非常に危険ですから、確認ができるように写真を撮ってもらうことをおすすめします。

 

【付帯部の配色はバランスよく】

付帯部の塗装の画像

 

付帯部は外観のアクセントになりますので、外壁や屋根と同じようにこだわって色を選びましょう。

色選びのポイントはいくつも色を使わないことです。

 

たくさんの色を使ってしまうと統一感がなくなり、まとまりのない外観になってしまいます。

配色は同系色や補色を選び、使用するのは2〜3色でとどめておくのがポイントです。

 

色選びはカラーシミュレーションもおすすめです。

詳しくはこちらの「カラーシミュレーター」をご覧ください。

 

【場所に合わせて適した性能を持つ塗料を選びましょう】

軒天井の塗装の画像

 

付帯部は外壁と同じ塗料を使わなければいけないというわけではありません。

外壁とは違う塗料を使うことも可能です。

 

コストが上がってしまう場合もありますが、軒天井や門塀など湿気や水気が多くなりやすい場所は透湿性や付着力に優れた塗料の方が適しています。

塗装する場所に合わせて耐性のある性能の塗料を選ぶことが大切です。

 

【お家のメンテナンスのことなら当社におまかせください!】

濡れ縁施工後の画像

 

塗料はたくさん種類がありますから、どれを選んだらいいか迷われてしまうかもしれません。

 

建物の素材や状態、環境なども考慮して適した塗料を選んでいく必要がありますから、一人で決めていくのは大変かと思います。

 

当社はお家のメンテナンス工事を承っておりますので、お困りのことやご不明な点などがございましたらお気軽にご相談ください。

無料の建物診断の後にお客様に適した工事プランをご提案させていただきます。

 

当社についてはこちらの「皆様から選ばれる理由」をご覧ください。

 

お問い合わせはこちらから

 

“mu”

 

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

 

埼玉の外壁塗装・防水工事専門店【さいたま塗装本舗】

外壁・屋根 無料診断実施中!無理な営業は絶対にしません!お気軽にお問い合わせください!

外壁塗装・屋根塗装の
施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る