現場レポート

埼玉県さいたま市 ベランダ防水塗装 下地処理〜トップコート塗布

2021.11.13

埼玉県さいたま市の現場にてベランダ防水塗装の下地処理〜トップコート塗布の作業を行いました。

ベランダは雨漏りを起こしやすい場所ですので、定期的にメンテナンスしておくことをお勧めします。

 

外壁塗装と一緒に行われる方も多くいらっしゃいますので、塗装工事をお考えの方はぜひベランダ防水のメンテナンスもご検討ください。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、お家のことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

【ベランダ防水塗装 下地処理〜トップコート塗布】

ベランダの防水塗装は、最初に高圧洗浄や清掃をして汚れやゴミを取り除いておきます。

これは外壁や屋根と同じように塗布面に不純物が付着していると塗料の密着が悪くなるからです。

ベランダのドレン(排水口)はゴミが詰まりやすく、床に水が溜まってしまうことがあります。

 

防水が正常なら水が浸透していきませんが、水に触れる時間が増えるため劣化を早める恐れがあり、ドレンと床の継ぎ目だとさらに劣化が早くなって、そこから水が入ってしまうこともあります。

水は浸透する状態になると雨漏りを引き起こしますので、状態には注意しておきましょう。

 

雨漏りについてはこちらの「こんな症状が?屋根に登らなくてもわかる雨漏りのサイン」もご参考にしてください。

 

下地処理の画像

 

次は下地処理です。

下地処理のケレンは塗料の密着性を高める役割があります。

 

塗装全般がそうですが、下地処理は塗装の密着性に関わり、耐久性を左右する工程です。

長持ちする塗装に仕上げるためには、下地処理を適切に行われていることが大切です。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

ベランダ防水塗装の画像

 

下地処理を終えたらいよいよ塗装の工程です。

プライマーを塗布してからトップコートで仕上げていきます。

 

トップコートにもカラーの種類がありますので、お好みの色で仕上げることができます。

トップコートは2回塗布します。

メーカーが推奨する塗膜厚になっていることを確認して作業は完了です。

 

【ベランダ防水の重要性】

最近の住宅はルーフバルコニーといったベランダの下に部屋がある構造を採用していることが多いです。

ルーフバルコニーで厄介なことは、ベランダから雨漏りするとすぐ下にある部屋に被害を及ぼしてしまうことです。

雨漏りのサインは天井や壁に水染みができたり、窓枠が濡れたりするなどの症状があります。

 

雨漏りは何らかの症状が出ることが多いですが、必ず目に見えて症状が出てくるともかぎりません。

室内に雨漏りしている症状が出ていなくても、知らないうちに水が入っていることもあります。

雨漏りはなかなか気が付きにくい症状の時もありますので、普段から建物の状態を点検しておくことをお勧めします。

 

今回ご紹介したベランダ防水塗装についてはこちらの「防水工事」もご一緒にご参考にしてください。

 

“mu”

 

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

 

埼玉の外壁塗装・防水工事専門店【さいたま塗装本舗】

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る