現場レポート

埼玉県さいたま市 開口部や取り合い部のコーキング打ち

2021.12.15

埼玉県さいたま市の現場にて開口部や取り合い部のコーキング打ちを行いました。

コーキングがされているところは、水の侵入を防ぐために施工されています。

 

太陽の紫外線などでコーキングは劣化してきますから、定期的に打ち替えてあげましょう。

本日の現場レポートは水が侵入しやすい開口部と取り合い部のコーキング作業をご紹介していきます。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、お家のことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

【開口部のコーキング】

開口部のコーキング打ちの画像

 

開口部とは窓や玄関のところになります。

ここは外壁からの水が伝ってくる場所でもあり、防水をしっかりしておかないと雨漏りを起こしてしまいます。

開口部のコーキングは、打ち替えの他にも増し打ちで施工することがあります。

 

状態や場所によって最適な施工方法を選んでいくことが大切です。

コーキングを打ち替える際は、コーキングがサッシについてしまうのを避けるためマスキングテープで養生をしてから作業を行います。

 

養生については「塗装工事の流れ」でもお伝えしておりますので、良ければこちらもご参考にしてください。

 

【取り合い部のコーキング】

取り合い部のコーキング打ちの画像

 

取り合い部とは異なる箇所の接合部を指します。

ここは隙間が生じるためコーキングを打って隙間を埋めておかなければいけません。

 

上の写真では屋根と外壁の取り合い部のところにコーキングを打っています。

屋根に関わる場所は他にも雨押さえや棟板金のところも外壁とぶつかる場所があります。

コーキングを打って防水処理しておかないと雨漏りを起こしてしまいますから注意しましょう。

 

コーキングは太陽の紫外線で劣化し、耐用年数は5〜10年ほどが目安です。

劣化症状も出てきますので、定期的に打ち替えてあげましょう。

 

コーキングについては下のページもぜひご参考にしてください。

 

下地調整の重要なポイント1 コーキング処理

 

外壁に欠かせない、シーリング工事とは?

 

コーキングについて

 

“mu”

 

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

 

埼玉の外壁塗装・防水工事専門店【さいたま塗装本舗】

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る