現場レポート

埼玉県久喜市 S様邸 施工前のシーリングの状態

投稿日:2022.1.16 更新日:2022.1.17

施工前のシーリングの画像

 

埼玉県久喜市S様邸にて、本日は施工前のシーリングの状態をお伝えします。

サイディング外壁は、建物への衝撃を和らげるために目地を設けてます。

 

目地にはシーリングが充填されており、緩衝材の他に防水の役割もあります。

シーリングの打ち替えは外壁塗装と作業が被り、足場も必要なため、同じタイミングで工事することをお勧めします。

 

詳しくはこちらの「外壁と屋根はセットでおトク」をご覧ください。

 

【施工前のシーリングの状態】

施工前のシーリングの画像

 

シーリングは劣化するとひび割れや破断、浮きなどの症状が出ます。

上の写真を見ていただくと目地のシーリングがひび割れているのが確認できるかと思います。

 

劣化する原因は太陽の紫外線などで、シーリングにひび割れがあると水が入ってくる恐れがあります。

サイディングの下には防水紙がありますので、すぐに雨漏りすることはありませんが、劣化を早め、長い期間放置すると雨漏りしてしまいます。

雨漏りは建物の状態を著しく悪くさせるため、なるべく雨漏りを起こさないことが大切です。

 

雨漏りについてはこちらの「こんな症状が?屋根に登らなくてもわかる雨漏りのサイン」をご覧ください。

 

【開口部のシーリングは劣化に注意!】

シーリングが施工されているところは、外壁の目地だけではありません。

窓や玄関などの開口部にもシーリングが施工されています。

 

開口部は雨漏りを起こしやすい場所です。

2階の窓は工事するのに足場が必要なため、外壁塗装のような足場を設置する工事の時にメンテナンスしておくことをお勧めします。

 

シーリングには耐候性に優れた長寿命型のものもあります。

通常は5〜10年ほどなため、シーリング工事をお考えの方は、長寿命型のシーリングもご検討してみてはいかがでしょうか?

 

詳しくはこちらの「コーキングについて」でお伝えしておりますので、良ければこちらもご参考にしてください。

 

“mu”

 

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

 

埼玉の外壁塗装・防水工事専門店【さいたま塗装本舗】

外壁・屋根 無料診断実施中!無理な営業は絶対にしません!お気軽にお問い合わせください!

外壁塗装・屋根塗装の
施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る