現場レポート

埼玉県久喜市 S様邸 屋根・外壁塗装工事 開口部のコーキング打ち

2022.1.30

開口部コーキング打ちの画像

 

埼玉県久喜市S様邸、屋根・外壁塗装工事の現場にて開口部のコーキング打ちの作業を行いました。

以前の現場レポートではサイディング目地のコーキング打ち替えの作業をお伝えしました。

まだ見ていない方は、ぜひ下のページもご覧ください。

 

「現場レポート:埼玉県久喜市 S様邸 屋根・外壁塗装工事 サイディング 目地コーキングの打ち替え」

 

それでは開口部のコーキング打ちの作業をお伝えします。

 

【開口部のコーキング打ち】

開口部コーキング打ちの画像

 

実は開口部から雨漏りしていることも多くあり、主に原因はコーキングの劣化です。

施工不良で雨漏りすることもありますが、それはあまり年数が経たずに症状が出てきますので、劣化で起きているのか、施工不良で起きているのか年数で大体判断ができます。

 

5年以内に雨漏りの症状が出ているのでしたら施工不良を疑いましょう。

開口部は増し打ちで行いました。

まずプライマーを塗ります。

 

開口部コーキング打ちの画像

 

プライマーを塗ったらコーキングを打って、その後にハケでコーキングを均して表面を整えます。

最後にマスキングテープを剥がして施工完了です。

 

養生を剥がす前にコーキングが固まってしまうと、テープを剥がすときにコーキングまで引っ張ってきてしまいますので、手際よく仕上げることが大切です。

 

コーキング工事についてはこちらから

 

【打ち替えと増し打ち、どちらがいい?】

今回は増し打ちで施工しましたが、他にも打ち替えという工法があります。

打ち替えは既存のコーキングを剥がしてから新しいコーキングを充填していく工法です。

 

古くなっているコーキングがなくなるから打ち替えの方がいいのでは、と思われるかもしれませんが、一概に打ち替えの方がいいというわけではありません。

 

とくに今回施工した開口部は、水が入りやすい場所ですので、施工条件によっては元々のコーキングを剥がしてしまうと不具合が出てしまう恐れがあります。

 

同じコーキング工事ですから、どちらの工法がいいか比較されやすいですが、大事なことは現場の状況に合わせて柔軟に対応していくことです。

 

当社は建物診断を行ってからお客様に最適な工事プランをご提案しております。

 

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

コーキングは建物の色々なところに施工されています。

防水性を保つ大事な工事ですので、劣化していたらメンテナンスすることをお勧めします。

 

コーキング工事についてはこちらの「外壁塗装の時はコーキングのことも忘れずに!」もご参考にしてください。

 

“mu”

 

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

 

埼玉の外壁塗装・防水工事専門店【さいたま塗装本舗】

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る