さいたま塗装本舗ブログ

スレート屋根のメンテナンススケジュール

2022.4.15

現在の住宅に多く用いられているのがスレートです。

スレートはセメントと繊維質を原料としていて、表面には防水のために塗装が施されています。

 

「屋根は塗装をした方がいいの?」

 

とご質問をいただくことがありますが、すべての屋根に塗装が必要というわけではありません。

スレートやセメント瓦のような水を吸う性質があり、塗装で防水されている屋根材が塗装を必要とします。

 

今回ご紹介するスレートのメンテナンスは塗装を定期的に行う必要があり、ある程度年数が経ちましたら塗装ではなく葺き替えやカバー工法をご検討していただくことになります。

 

屋根は下からでは状態を見ることができませんから、メンテナンスのタイミングがわかりづらいかと思います。

そこで今回は住宅の屋根の中で多く採用されているスレート屋根のメンテナンスについてをお伝えしていきます!

 

【スレート屋根のメンテナンススケジュール】

施工後の画像

 

スレートの耐用年数は20〜30年ほどとされていますが、その間にメンテナンスをしなくてもいいというわけではなく、定期的に塗装が必要です。

 

一般的なスレートだと10年周期で塗装や部分補修を推奨しております。

スレートはコストを抑えているものからハイグレードのものまであり、基材に施されている塗装で低汚染性や褪色具合が変わります。

 

ハイグレードのものだと無機コーティングが施されており、塗り替えは30年目から行うスケジュールになっています。

スレートのシェア率1位のケイミューはどのグレードも10年周期で部分補修を推奨しておりますが、アクリルコート仕上げのスレートは10年ごとの塗り替え、無機コーティングされているスレートは30年目から塗り替えを目安にメンテナンススケジュールが推奨されています。

 

30年間維持できるのはかなり長寿ですが、屋根はスレートだけで構成されているわけではありません。

30年も年数が経てば他のところも痛んできてメンテナンスが必要です。

 

スレート以外にメンテナンスが必要になるのは、棟板金やルーフィング、下地などです。

屋根の中でもルーフィングは防水を担っていますので、痛んでいる場合は新しく敷き直す必要があります。

 

ルーフィングの耐用年数は20年ほど。

そのため30年間スレートが維持できても、その前にルーフィングが痛んでしまう場合がありますのでご注意ください。

 

【スレートのメンテナンススケジュール】

  部分補修 塗装 ルーフィングの敷き直し
一般的な塗装のスレート 10年ごと 10年ごと 20年目以降
無機コーティングなどの耐久性の高い塗装のスレート 10年ごと 30年目から 20年目以降

 

屋根塗装の流れについてはこちらの「屋根塗装が完了するまでの流れ」をご覧ください。

 

【屋根の劣化を放置すると危険!雨漏りの原因にも】

雨漏りの画像

 

屋根で注意しなければならないのが雨漏りです。

雨漏りは建物内にある柱や土台、梁などを濡らしてしまうため、耐震性を低下させる恐れがあります。

 

また、屋内に設けられている電気配線がショートすれば火事になる可能性があり非常に危険です。

雨漏りは建物の寿命を縮める原因となってしまうため、起こさないことが大切ですが、その雨漏りは屋根から発生することが多いです。

 

雨漏りの原因はさまざまですが、よく見られる傾向ではルーフィングが劣化して水が染み込んできてしまうことです。

ルーフィングに問題がなければ早々雨漏りすることはありませんので、耐用年数(20年ほどを目安に)を超えた場合は葺き替えかカバー工法をご検討ください。

 

屋根塗装とカバー工法についてはこちらの「屋根塗装とカバー工法どちらがいい?」もご参考にしてください。

 

ルーフィングの他に注意しておきたいのが棟板金です。

棟板金は屋根のてっぺんに取り付けられている金属部材で、台風など強風が吹く時期になるとよく被害が出ます。

 

屋根はなにも遮るものがありませんので、風にあおられて痛んだ棟板金が飛ばされてしまうことも。

棟板金が飛ばされてしまうとまわりの建物や車に当たって傷つけてしまう恐れがあります。

被害が出てからでは遅いですから、日頃から不具合がないか確認しておくことをおすすめします。

 

屋根の不具合についてはこちらの「屋根の剥がれ、割れなど 屋根板金工事とは?」をご覧ください。

 

【工事や見積もりの前にかならず屋根を点検してもらいましょう!】

点検の画像

 

はじめでもお伝えしましたが、屋根は高い場所にあるため状態がどうなっているか確かめることが難しい場所です。

ちゃんと見ることができないためか、痛んでいても放置されやすくもあります。

 

しかし、屋根の劣化を放置すると雨漏りや棟板金が飛ばされてしまうなどの被害が出てしまいます。

雨漏りは建物の性能を落とすだけでなく、天井や壁から水がポタポタと落ちてきますので、普段の生活にかなりのストレスを感じてしまうでしょう。

 

これからも安心して生活していくためにも屋根を維持していくことが大切です。

そのためにも屋根は定期的に点検することが大切です。

 

一般の方が屋根に登るのは落下の恐れがあり非常に危険なため、点検は専門業者に依頼し、どんな状態になっているか、メンテナンスが必要かなどを相談しましょう。

 

屋根の修理や点検などで注意することがあります。

それは屋根の写真を撮ってもらうことです。

 

屋根塗装

 

先ほどもお伝えしたように屋根は肉眼から見ることができないため、業者を頼るしかありません。

しかし、そのまま鵜呑みするのは避けることをおすすめします。

屋根工事のトラブルは多く起きています。

 

信頼関係ができていてこれまで何回も工事を依頼している業者ならともかく、はじめて、またはす1〜2回ほどの依頼しかなく、信頼関係ができていない業者には点検や修理の時に写真を撮ってもらい自分でも屋根がどうなっているか確認できるようにしましょう。

 

当社は無料で建物診断を実施し、お客様に立ち会ってもらい建物の状態や必要なメンテナンスについてご説明しております。

診断後にお客様に最適な工事プランをご提案しておりますので、これからお家のメンテナンス工事を考えている方はお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

“mu”

 

蓮⽥市、さいたま市(⻄区、北区、⼤宮区、⾒沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区)、⾏⽥市、熊⾕市、⽻⽣市、加須市、鴻巣市、深⾕市、寄居町、東松⼭市、川越市、川⼝市、⾏⽥市、秩⽗市、所沢市、飯能市、本庄市、春⽇部市、狭⼭市、上尾市、草加市、越⾕市、蕨市、⼾⽥市、⼊間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、⼋潮市、富士⾒市、三郷市、坂⼾市、幸手市、鶴ヶ島市、⽇⾼市、吉川市、ふじみ野市、⽩岡市、北足⽴郡、伊奈町、⼊間郡、三芳町、⽑呂⼭町、越⽣町、⽐企郡、滑川町、嵐⼭町、⼩川町、川島町、吉⾒町、鳩⼭町、ときがわ町、秩⽗郡、横瀬町、皆野町、⻑瀞町、⼩⿅野町、東秩⽗村、児⽟郡、美⾥町、神川町、上⾥町、⼤⾥郡、寄居町、南埼⽟郡、宮代町、北葛飾郡、杉⼾町、松伏町で、塗装工事、屋根工事のことなら、さいたま塗装本舗へお気軽にご相談ください。

 

埼玉の外壁塗装・防水工事専門店【さいたま塗装本舗】

外壁塗装・屋根塗装の施工事例

ご依頼ありがとうございます
施工事例一覧

埼玉のお客様の声

もっと見る